ボーナスがカットされましたカードローンを借りるしかない!?

一人暮らしで生活をしていると、お金がないと辛いものです。
恋人や友達がいると、どこかへ出かけたりする時に服やメイク道具も必要となります。
普段から節約はしているけれど、お金がないと困るのです。
会社の給料でボーナスを期待していたのにカットされたことがあります。
その時は本当に辛くて、色々な節約をしました。
恋人に誘われてもお金がないので、あまり外食には行けません。
事情を話して、外食代やテーマパークの入場料を払ってもらうこともありました。
美容院に行きたくても、1万円も使いたくないので、あまり行けません。
2か月に1度は行っていた美容院も、行きたくなくなりました。
1000円カットのお店で良いかなと考えたのです。
普段はトリートメントやカラーをしますが、お金がなければそんな贅沢は出来ません。
でも、1000円カットのお店に入ると、サラリーマン風の男性や中高年の男性もいて恥ずかしかったです。
まるでお金がない人とか、お洒落に興味がない人だと思われるのかなと感じてしまいました。
ボーナスがカットされて、貯金が出来ないので、食費も節約したのです。
スーパーではお買い得品ばかり買っていました。
安い水菜や納豆ばかり購入して、お肉やお刺身コーナーは通らないようにしていたのです。
野菜が高い時には、納豆ばかりでした。
お米は実家から貰えるので、助かりました。
友達から農家の野菜を貰えた時には、友達の有難みがわかります。
本当にお金がない時ほど、真の友情や家族の愛を確認していました。
毎月通帳を見たり、買い物のレシートを確認して、どうしたらお金が貯まるのか考えていたのです。
良い給料の会社に転職することも考えたけれど、なかなか勇気がありません。
人間関係は良い会社なので、特に転職したいと考えたことはありませんでした。
でも、もう少し給料の高い会社に入れば、気持ちが楽だったのかもしれません。
ボーナスがカットされた人は、私だけではなくて、他の社員も同じでした。
贅沢なことを言っている場合ではないなと思います。
美容院は絶対に行かなければならない場所ではないです。
節約しようと思えば、カットだけでも良いし、トリートメントなら自宅でも出来ました。
今まではリラクゼーションの気分で受けていたけれど、もうやめようかなと考えたのです。
それよりも恋人や友達と会って、安いお店で外食する方が楽しいかもしれないと思いました。
1000円以下で外食出来るお店も結構あることに気付いたのです。

お金が無い時はカードローンを利用するしか方法がないのでしょうかね。