転職し初めての一人暮らし。寂しい時は喫茶店へ

わたしは、20代の女性です。

いままで外資系のホテルで働いていました。

しかし、体調を壊してしまい、体力に限界を感じてやめました。

大学を卒業してフロントの仕事をしていたので世界中の方にお会いできることができるので楽しかったのですが、そのほかは体力勝負の地味な仕事です。

外資系なので男女平等だったので普通に1カ月夜勤のときもありました。

華やかに見える業界ですが、実は全く違うのです。

そして、私は転職して事務職にしました。

一年たってようやく慣れてきたころに、交通事故にあいました。

それをきっかけとして寝たきりの状態が1~2週間続き、会社をクビにされました。

小さい会社だったので、1人休むと会社が回らないのです。

わたしは、将来性のある経理の仕事を勉強したくてやっと慣れてきたころにクビだったので、ショックでした。

それから、病院に通いながら、職安にはいけないのでネットで仕事を探しました。

そして、未経験者でも総務と経理の仕事ができる会社を見つけたのです。

それから、採用となり都内で初めての1人暮らしがはじまったのです。

なにもかもがはじめてでした。

知らない地にきて、右も左もわからないので学生時代の友人を頼り1人暮らしの物件を探しました。

友人と同じ線路沿いの場所に住むことにしました。

その物件は、女子限定で予算内に収まったのでよかったです。

そのアパートは、日当たりもよく、外観は洋風のきれいな建物でした。

部屋も広い方だと思います。

収納スペースも、キッチンもけっこう広めでした。

残念だったのが、ベランダに洗濯機を置かないといけないことです。

このあたりでひとりぐらしの物件をさがしていて気づいたのですが、ほとんどが洗濯機が外にあるのです。

地方に住んでいた私はびっくりしました。

でも、まぁ予算があるのでしかたがないと思いました。

そして、一番つらかったのが壁が薄いことです。

薄くて、隣の部屋からテレビの音が聞こえてくるのです。

都心に近いので、テレビ局で働いている人でした。

わたしは、普通の平日9時17時で土日休みのOLです。

しかし、隣人は不規則な生活で夜中に帰ってきて洗濯機を回したりもしています。

生活のリズムが合わないのです。

ですから、夜中寝ているときに帰ってくるので私が目を覚ましてしまうのです。

このアパートに2年住んでみて感じたことは、隣人って大切ですね。

生活のリズムが違うと、ほんとに大変です。

そして、一人暮らしをするときは、寂しさも感じることもありました。

そういうときは、一人で喫茶店にいきました。

セキュリティーが高いマンションは面倒臭さとも紙一重

姉が結婚してほどほどの大きさの繁華街がある街に出来た新しいマンションを購入、義兄の希望でそれはかなりセキュリティーに厳しいマンションでした。

例えば、マンションを訪問するとまず一階で管理人室が目の前にある狭い空間に入り、そこでインターフォンを押します。

その間管理人に見られるので、最初は監視されているようで気分がよくなかったです。

インターフォンに応えてガラスドアのロックが外れると、やっと広いロビーに出ますが、そこにポツンとあるのは防犯カメラで一杯のエレベーターが一基だけ。

来客が乗ると、そのエレベーターにはインターフォンで押した部屋の階にしかつかない設定になっているので、例えば途中で用事を思い出して他の階で降りたりすることは出来ません。

訪問客でその必要がある場合は滅多にないのですが、うちの母は姉の子供を同じマンションの別の階の友達の家へ迎えにいったことがあり、その後は一度一階まで降りて自宅の鍵を使って登録をしないとエレベーターがつかえないので面倒くさくて階段で上がったと言っていました。

住民同士で回覧板などを回すのはどうするのかと思ったら、鍵がかかっている階段を使って直接いくか、一度一階へ降りて相手のインターフォンを押し、応えてくれたらエレベーターを使うのだそうです。

高層階もありますので、上の方に住む方は不便じゃないのかなあと思いました。

そしてマンションに訪ねていってインターフォンを押すと、その情報が住民の携帯電話に転送されるのです。

姉に用事があってちゃんと約束をしてきているにも係わらず、それを一々仕事中の義兄に知られるというのが何とも気持ち悪く感じました。

玄関のドアの鍵が数分間開きっぱなしでも情報がいくそうで、子供が玄関のドアを施錠し忘れた場合にも管理人さんが様子を見に来たと姉が言ってました。

数年後にそのサービスは経費がかかりすぎるとのことで廃止になったと聞きましたが、そりゃあそうだよなと思いました。

情報が送られるほうも、一々何時何分に宅急便が来たとか知りたくない人が多かったのでしょうか。

お金がかかるのであれば必要ない、と思う住民が多かったのでしょう。

便利と考えるか、息苦しいと感じるかは人によって違うとは分かっていますが、別居している家族が用事で出かけていく場合などには非常に使いにくいシステムだなと思います。

セキュリティーが厳重であるということは、裏を返せば逃げ場も少ないということです。

最近はセキュリティーの強さを全面に出している新築マンションも多いですが、私は面倒臭く感じてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です