木造アパートで騒音に悩んだので次はマンションを選んだ

事故に遭ったことで転職することになり、一人暮らしを開始した

わたしは、20代のOLです。

都内のシステム開発の会社で働いています。

仕事の内容は、システム開発じゃなくて経理と総務の仕事をしています。

以前は、接客業をしていました。

以前の会社に勤めているときに、交通事故にあい、会社をくびにされました。

ずっと、休んでいてもシフトせいで人数の足りないそうです。

でも、この交通事故は、10対0でわたしは悪くないのです。

停車してた時に、後ろからわたしの車を追突してきての事故だったのです。

わたしは、責任0です。それなのに、くびにされました。

その後、わたしは1年半以上の病院に通うはめになったのです。

都内の転職をしてからも、しばらく都内の病院に通いました。

転職すると、わたしにとってはじめての1人暮らしが始まったのです。

生活も仕事もはじめてのことだらけでした。

わたしが、はじめて選んですんだアパートは、日当たりがよく2階でした。

最寄りの駅から徒歩で10分くらいのところです。

女子限定で二階建てのおしゃれな洋風の建物でした。

外観は、気にっていたのですが、トイレとバスは一緒でした。

ホントは、トイレとバスが別々なのが理想だったのですが、わたしの予算内の支払える家賃はバスとトイレが別々な物件は探すことはできませんでした。

そのアパートは、とても便利な場所で新宿からもすぐ近い場所にありました。

休みの日は、一人でおいしいランチのお店を食べ歩きをしていました。

そして、商店街も近いし、カフェも近かったので1人暮らしでも困ることはありませんでした。

会社の仕事もとても、充実していて、自分の人生の中で一番充実していました。

そのアパートに住んで困ったことは、木造のアパートだったので、壁が薄く隣人の騒音に悩まされました。

都心のも近いことから、大家さんにテレビ局で勤めている人がいると言われました。

わたしは、月から金までの9時5時の仕事で土日休み、隣人は夜中の12または2時3時に帰ってきて生活音が聞こえてきて、眠れなかったです。

隣で夜中テレビの音量も高いし、洗濯機を回す音もうるさいし困りました。

その後、わたしは、アパートの2年たった更新のときに別の場所へ移りました。今度は、その場所より15分くらい離れた駅の周辺にしました。

今度は、騒音に悩みたくないので家賃は、若干高めです。

アパートではなく、マンションにしました。

マンションに住んでからは騒音に悩まされることはなくなりました。

最寄りの駅からも徒歩5分のよい立地条件でした。