建売住宅は完成形を見て購入を判断できるのがいい!

わたしは、30代のサラリーマンです。

今まで、賃貸のアパートの住んでいました。

しかし、家族が増えたのとお風呂にカビの繁殖がすごかったので引っ越しを決意したのです。

新しい場所に引っ越すのと家を買うので迷いました。

そして、早めに住宅ローンを組んで支払いを終えたいと思ったので住宅を購入しようと思いました。

実際は、家を買うまでで2~3年くらいかけて探しました。

家を買うときの基準は、まず地価が下がらないところがいいなと思っていました。そうすると、駅周辺の土地になります。

地価を調べると、とても高いので注文住宅はあきらめました。

そして、駅周辺の建売住宅を探しました。

すると、やはり高いですが、注文住宅よりはトータルで安くなるんで住宅を見学しに行ったのです。

建売住宅は、すでに出来上がっているので家の中の構造がわかります。+

天井が高いくて開放感がありとても魅力的でした。

見た目は、なんの問題もありませんでした。

玄関も広くて収納場所もたくさんあるのでいいなという感じです。

駅から近いし、気に入ったので購入を考え予算より高いので、値引きの交渉をしました。

しかし、わたしの予算を相手の住宅会社の営業の人に伝えたら、全く相手にされませんでした。

そして、意気消沈して1週間たったあと、先日訪れた建売住宅の営業の方から連絡がありました。

予算通りの別の場所で建売住宅を紹介すると言われたのです。

しかし、わたしは、安けりゃいいといいわけではありません。

一生に一度の大きな買い物です。

失敗をしたくないのです。

だから、場所にこだわりました。

私が購入したいのは、駅周辺の物件だと伝えたのです。

そうしたら、向こうがどうにか購入価格を交渉してくれるというのです。

私が、見学してからお客さんがこないらしく、100万円値引きしたけどだれも買ってくれなかったみたいです。

それで、仕方がなく私に連絡いれたらしいです。結局、住宅の購入の交渉で300万円の値引きをしてくれました。それプラスカーテンやエアコンを各部屋につけてもらうことを条件に建売住宅を買うことを決断したのです。

それから住んで7年がたちます。

特に問題はありませんが、コンセントの位置がどうしてこんなところについているのかとか、ドアの建付けが悪くて何度か直しに来てもらいました。

あとは、玄関のドアが年々ずれていく感じです。

いいところは、4軒建売住宅だったのですが、建てる前にすべて計算されて作られているので日当たりの問題はありません。

全く同じ土地はない!家を買うなら決断あるのみ!

結婚して10年目の春に、大きな決断をしました、新築を購入したのです。

子供も大きくなってきたので、当時住んでいた家が手狭になっていたこともあり、いつまでも部屋数が少ない家に住んでいることに不満を持っていたのです。

ただタイミングというかチャンスがなく、なかなか決断ができないままでズルズルと時間だけが経過していたのです。

ただ、なんとかよい家を手に入れたくて、情報収集だけは続けていました。

そして理想にかなり近い土地が売りに出されているという情報を手にしたのです。そこで購入の決心をしたのでした。

周りからは思い切った決断をしたね、と声を掛けられたりもするのですが、その点については我が家は用意周到だったのかもしれません。

普段から散歩が趣味でもありますので、よく近所をブラブラしながら売土地がないか調べていました。

子供が小学校に入学するタイミングでもあり、なかなか引っ越しして転校となるといろいろと大変なのです。

そして今から知らない土地で新しい生活を始めるパワーもありません。

ですから、当時住んでいた土地からできるだけ近くで、駅に近く、子供が遊んでいても危険じゃないような、それでいてある程度人通りもあるような環境を探していました。

そんな奇跡の土地が見つかったのです。

もうすぐに妻をつれて現地を確認しました。

そしてしばらく平日の朝、夜、休日の朝、昼、夜と様々な時間帯に土地を見に行くことで、曜日や時間帯別の環境を、自らの目で確認しました。

自分の目で確認することが一番たしかですし、雰囲気や様子なども確認できるので一石二鳥です。

朝だけ、昼だけでしか確認しないと、休みの日の夜に意外と人通りが多かったりするものです。

また子供が通学するにあたって安全な道をあるけるのか、人通りや夜道に不安があるのかどうか、普段の買い物やちょっとしたお出かけ、また車や電車への交通アクセスも確認しました。

そして、決断をしたのです。

やはり妻とも話していたのですが、いつまでもベストを追い続けていても、出会えないかもしれない。

できればベストがいいが、より高いレベルでのベターな土地で納得できればそれでいいじゃないかと。

そうしないといつまで経っても購入できなければ、もちろん家も建てれないし、新築の夢を叶えることができないのじゃないかと感じていたからです。

そう、同じ土地は二度とやってきません。

そう思った私たちは、今の土地に決めてとてもよかったと満足しています。

木造アパートで騒音に悩んだので次はマンションを選んだ

事故に遭ったことで転職することになり、一人暮らしを開始した

わたしは、20代のOLです。

都内のシステム開発の会社で働いています。

仕事の内容は、システム開発じゃなくて経理と総務の仕事をしています。

以前は、接客業をしていました。

以前の会社に勤めているときに、交通事故にあい、会社をくびにされました。

ずっと、休んでいてもシフトせいで人数の足りないそうです。

でも、この交通事故は、10対0でわたしは悪くないのです。

停車してた時に、後ろからわたしの車を追突してきての事故だったのです。

わたしは、責任0です。それなのに、くびにされました。

その後、わたしは1年半以上の病院に通うはめになったのです。

都内の転職をしてからも、しばらく都内の病院に通いました。

転職すると、わたしにとってはじめての1人暮らしが始まったのです。

生活も仕事もはじめてのことだらけでした。

わたしが、はじめて選んですんだアパートは、日当たりがよく2階でした。

最寄りの駅から徒歩で10分くらいのところです。

女子限定で二階建てのおしゃれな洋風の建物でした。

外観は、気にっていたのですが、トイレとバスは一緒でした。

ホントは、トイレとバスが別々なのが理想だったのですが、わたしの予算内の支払える家賃はバスとトイレが別々な物件は探すことはできませんでした。

そのアパートは、とても便利な場所で新宿からもすぐ近い場所にありました。

休みの日は、一人でおいしいランチのお店を食べ歩きをしていました。

そして、商店街も近いし、カフェも近かったので1人暮らしでも困ることはありませんでした。

会社の仕事もとても、充実していて、自分の人生の中で一番充実していました。

そのアパートに住んで困ったことは、木造のアパートだったので、壁が薄く隣人の騒音に悩まされました。

都心のも近いことから、大家さんにテレビ局で勤めている人がいると言われました。

わたしは、月から金までの9時5時の仕事で土日休み、隣人は夜中の12または2時3時に帰ってきて生活音が聞こえてきて、眠れなかったです。

隣で夜中テレビの音量も高いし、洗濯機を回す音もうるさいし困りました。

その後、わたしは、アパートの2年たった更新のときに別の場所へ移りました。今度は、その場所より15分くらい離れた駅の周辺にしました。

今度は、騒音に悩みたくないので家賃は、若干高めです。

アパートではなく、マンションにしました。

マンションに住んでからは騒音に悩まされることはなくなりました。

最寄りの駅からも徒歩5分のよい立地条件でした。